VTは全世界に分散投資するETF

VT (Vanguard Total World Stock ETF)は世界中に分散投資するETFです。

究極的にはこのETF一本を買い付けていけば、資産運用については それ以上考える必要はないとすら思えます。

▼目次

  1. VTの基本情報
  2. VTは世界中に分散投資
  3. VTの保有銘柄
  4. VTの弱点
  5. それでも将来はわからない
  6. VTへの投資手段として楽天証券から投資信託も出ている

1. VTの基本情報

経費率:0.1%
ベンチマーク:FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
パフォーマンス:

1年 3年 5年 設定以来
24.19% 9.85% 11.13% 6.56%

(出所)Vanguard

価額推移

(出所)Google Finance(3/27時点)

2. VTは世界中に分散投資

VTは世界中に分散投資していますが、そのうち55%をアメリカに投資しています。

日本株も9%弱含まれてます。

(出所)Morningstar

3. VTの保有銘柄

組入れられている株式Top25です。
誰でも名前を知っている錚錚たる企業の株式が含まれます。

そのほとんどアメリカ株です。

アメリカ以外では中国のTencent、スイスのネスレが入ってきています。やはり米国の強さを思い知りますね。

Top 25 Holdings

Portfolio Weight (%)

Country

Apple Inc

1.72

United States

Microsoft Corp

1.30

United States

Amazon.com Inc

1.12

United States

Facebook Inc A

0.78

United States

JPMorgan Chase & Co

0.74

United States

Alphabet Inc C

0.69

United States

Johnson & Johnson

0.65

United States

Exxon Mobil Corp

0.59

United States

Bank of America Corporation

0.58

United States

Tencent Holdings Ltd

0.55

China

Alphabet Inc A

0.54

United States

Berkshire Hathaway Inc B

0.51

United States

Wells Fargo & Co

0.48

United States

Nestle SA

0.46

Switzerland

Intel Corp

0.43

United States

AT&T Inc

0.42

United States

Cisco Systems Inc

0.41

United States

Visa Inc Class A

0.41

United States

Pfizer Inc

0.40

United States

The Home Depot Inc

0.40

United States

UnitedHealth Group Inc

0.39

United States

Chevron Corp

0.39

United States

Boeing Co

0.37

United States

Citigroup Inc

0.37

United States

Verizon Communications Inc

0.37

United States

(出所)Morningstar

4. VTの弱点

冒頭にも書きましたが、VTは世界中の名だたる企業に分散投資していますので、これ一本を買い続けるだけで世界中の成長を取り込む事が出来ます。

ただし、ちょっとした弱点もあります。米国の全企業に分散投資するVTIというETFがあるのですが、比べるとVTはVTIにアンダーパフォームするのです。

下図、青がVT、赤がVTIです。

結局のところ、現時点の資本主義経済の中心地はアメリカです。

現代の経済はグローバル化が進んでおり、アメリカが不況になれば世界中が同時に不況になります。

そして真っ先に景気回復するのもアメリカです。

であれば、世界中に分散投資しなくてもアメリカのみに分散して投資すれば良いのでは?という意見もあります。

VTはアメリカの成長を半分に薄めているだけという考え方もあります。

5. それでも将来はわからない

ただ、将来の事は誰にもわかりません。VTとVTIの比較というのもあくまで過去の話です。

どこかで戦争が起こるかもしれませんし、覇権がアメリカからどこか別の国に遷る、なんてことが起こるかもしれません。

長期視点に立つと、世界中に分散投資していれば世界中の経済成長の恩恵を得続けることが出来ることは間違いありません。

VTはお手軽に全世界に投資できます。

効率は若干劣るかも知れませんが、初心者投資家である我々にとって良い選択肢である事に間違いありません。

6. VTへの投資手段として楽天の投資信託も出ている

最近、楽天証券から、VTを買い付ける投資信託が発売されました。

マザーファンドがVT(Vanguard Total World Stock ETF)を100%買い付ける仕組みになっています。

管理報酬も0.11%となっており、VTそのものと比べても0.01%しか違いません。

投資信託ですので金額ベースで一定額を毎月積立てるといった事が簡単に行なえます。

かなり良いオプションになるのではないかと思います。

※投資は自己責任でお願いします。